チャートのtick数を測ってみた!

公開日時 作成者 dummytopコメントする

最近になって、70tickチャートをメインに使うようになりました。
JForexの70tickチャートを見ながら、OANDAのfxTrade 1分足画面で取引するパターンが多くなると、tickの差が気になるようになってきました。(あって当然なのですが・・・)
そこで、tick数を単純比較してみました。

計測対象

  1. Dukascopy (JForex)
  2. OANDA Japan (MT4)
  3. Alpari pro.mt4 (MT4)
  4. FX Open ECN (MT4)

計測方法
・JForex:ヒストリカルデータで1か月のtickデータをダウンロードし、データ数を採用
・MT4:月足のVolumesを採用
・すべてリアル口座

計測結果は・・・

FX Open Alpari pro Oanda Dukascopy
2014年1月 2,330,250 1,031,950 1,632,532 1,476,384
2014年2月 1,920,609  788,784 1,211,950 1,104,959
2014年3月  2,142,707  866,937 1,315,404 1,021,962
2014年4月  1,732,780  881,574 1,139,798 923,335
2014年5月  2,206,711  927,910  975,136 1,217,610
2014年6月  2,277,773  1,418,043  948,758 1,377,147
2014年7月  2,016,572  840,859  736,553 1,175,597
2014年8月  2,177,561  826,762  492,573 1,129,279
2014年9月  2,916,421  1,177,313  381,668 1,769,196
2014年10月(*1)  2,849,415  964,205  448,983 1,353,441

*1:10月は10/19時点)
ticks201410191

感想としては

  1.  FX Openスゲー
  2. OANDA 思ってたよりショボイ
  3. OANDAどんどん減っているけど、何か原因があるのだろうか?

実際にOANDAで取引していて全く問題はないのですが、スキャルピングのチャートとしては向かないようです。
また、tick数がどんどん減っている原因については全く想像かつきません。ちなみに、OANDA USと同じ数値でした。
取引数が減っていて危ない状態なのか、MT4だけ手を抜いているのか・・・
実際にfxTradeとMT4を並べてみると、MT4の方が少し動きが鈍い(間引きされている)感じがします。(数値とれていないので、あくまで体感ですが)
あと、FX Openがスゴイ!!この圧倒的な数値をみると、是非MT4で70tickチャートを表示してみたくなります。残念ながら私の技術では無理でしたが・・・うーん、もったいないw

カテゴリー FXタグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください