OANDAでAPIを使用してみる(申請編その2)

公開日時 作成者 dummytopコメントする

10/26(日)の夜に契約書にサインして、サポートHPからアップロードしました。

すると翌日には確認の電話がかかってきました

  1. API選んだ理由
  2. API使用の経験
  3. APIは全部自分で開発しないといけないが、大丈夫か?
  4. APIを選ぶとプロ口座になるが大丈夫か?

等々を聞かれました。

2 →  MT4で自動取引の経験ならあるけど、APIの経験はないです!だって、こんなサービスやってる会社ってほとんどないですよね?そこが御社のセールスポイントになると思っています(キリッ

3→ プログラムの経験ならあります(あまり深くツッコまれず)

4→ 最初は小口でやりたいので、プロ口座になるのはこまるなぁ・・・

てな感じで5分弱会話して「わかりました、では承認しておきますね」とあっさりOKがでました。

OANDAからOANDA署名済の契約書がメール送られてきて、こちらがOKの返信をすると、翌日にはOANDAからログインのセション情報がメールで送られてきました。
SDKや書類等のその他配布物はありませんでした。

 

But、予想はしていましたが、API使用はかなりハードルが高いです!!

dummytopはQuickFix/Jを使用しましたが、今日現在でいまだに接続できていません・・・∩(・∀・)∩

SSLのエラーだと思うのですが、エラーメッセージも出ず原因がわからないため、今は棚上げしています。

目標は、年内ログイン成功です!! (´・ω・`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください